プロバイオティクスで腸内フローラを整えるために効果的な食事とサプリメント

プロバイオティクスは、人体に良い影響を与えるとされる微生物のことです。人間を含めて多くの動物の消化器官、特に腸内に微生物が生息しており、その微生物たちの活動によって摂取された食べ物を効率よく栄養を摂取できる状態にし、それによって腸が栄養を吸収しています。また微生物が栄養を摂取するサポートをするだけでなく、身体に良い影響を与える物質を分泌するため身体を維持する上でも重要な役割を果たしています。このような微生物たちの中でも良い働きをするもの、一般には善玉菌と呼ばれているものがプロバイオティクスで、それらが含まれた食品はプロバイオティクス食品とも呼ばれます。

 

プロバイオティクスで腸内フローラを整えるために効果的な食事とサプリメント
一方で腸内にはこのような善玉菌のほか悪い影響が出る悪玉菌があり、互いに作用しながら活動しています。善玉菌が多いことは身体への悪影響が少なくなるということですが、腸内はどちらが一方的に偏るよりも互いの微生物たちがバランスが良い状態で共存している状態あることが望ましく、そのような理想の腸内フローラを整えることにより便秘や下痢といった動物に与える悪い影響を改善することができます。特に腸内の働きは身体のバランスを整える上で重要な役割をしており、プロバイオティクスを意識して腸内フローラを整えることで身体の健康を向上させることができます。

 

腸内フローラを整えるためには、善玉菌を増やす食事やサプリメントを飲むことがポイントです。食事においては発酵食品がもっとも適しています。植物性乳酸菌が豊富に含まれるぬか漬けや納豆、味噌、ヨーグルトなどが知られます。またすでにいる善玉菌の活動を活発にさせるものとしてオリゴ糖や食物繊維があり、これらを継続的に摂取することで腸内フローラを整えることができます。
ただこれら食事による方法は、善玉菌以外にも他の栄養を摂取することになります。特に食べやすくするために味付けをするため、それらが栄養の取りすぎの原因にもなりますし、毎日決まった量を食べるというのは難しいもので、このためサプリメントを併用するのも方法です。

 

サプリメントとしては、いわゆる乳酸菌サプリで、今では簡単に手に入れることができます。サプリメントのメリットは特定の種類の乳酸菌を凝縮したものを効率よく摂取できることです。特に研究によってその効果が実証されたものを積極的に摂取できるので、食事と合わせて体内に取り入れることで効果的に腸内フローラの改善に作用してくれます。