ラブレ菌サプリメントの効果と含まれている食品

ラブレ菌とは京都の代表的な漬け物の1つであるすぐき菜と呼ばれるカブによく似た植物を、塩漬けした漬け物から発見された乳酸菌です。乳酸菌にはチーズやヨーグルトといった乳製品に多く含まれている動物性と、漬け物などの発酵食品に含まれている植物性と分かれており、植物性は動物性よりも酸や熱に強いという特徴があるため体内に入ったときも生きたまま腸に届きやすいと言われています。

 

ラブレ菌サプリメントの効果と含まれている食品

 

腸内でラブレ菌が活発に働いてくれることで腸の動きが活性化され、新陳代謝の向上や栄養分を吸収する働きが高まるとも考えられており、悪玉菌の増加を防ぐ効果も期待されています。悪玉菌が減少し善玉菌が増加していくことで、腸内だけでなく免疫力全体が向上するため病気になりにくい体質に近づいていくことが出来ると考えられています。また、ラブレ菌にはインフルエンザの感染リスクを減少させる働きもあると言われ、多くの医療機関で研究が進められています。研究結果次第では、近い将来予防接種を受ける代わりに乳酸菌を摂取するようになる可能性もあるでしょう。

 

ラブレ菌を食べ物から摂取したいのであれば、すぐき漬けを購入するのが良いでしょう。京都では比較的簡単に購入できますが、それ以外の地域ではネット販売で購入が可能です。すぐき漬け以外では、植物性乳酸菌が配合されたヨーグルトを毎日摂取するという方法もありますが、食品から効率よく摂取するのは難しいためサプリメントを利用するのがおすすめです。サプリメントであれば手軽に摂取できるので、毎日続けやすいというメリットがあります。様々なメーカーから販売されているので自分に合っていて、毎日続けやすいものを選ぶ事が大切です。専用の携帯ケースがあれば外出時のときでも簡単に持ち歩くことができるでしょう。

 

摂取して効果を実感できるのは個人差にもよりますが、早い方ではサプリを摂取した翌日には便通の改善が実感できたという方もいます。腸内に悪玉菌が元々多かった場合は、乳酸菌を摂取しても効果を実感できるのに時間がかかるかもしれませんが、毎日摂取していくことで腸内に善玉菌が増えていき腸内環境が整ってきたと実感できるようになるでしょう。サプリメントは医薬品ではないため、即効性は期待できないため毎日継続して摂取していくことが大切です。また食事内容で腸内の善玉菌や悪玉菌の数が左右されるため、サプリメントに頼りすぎずにバランスの良い食生活を意識することでより効果を実感できるでしょう。