サプリの摂取がおすすめ、乳酸菌とオリゴ糖の関係性とその効果

 

サプリの摂取がおすすめ、乳酸菌とオリゴ糖の関係性とその効果

 

乳酸菌とオリゴ糖の関係性は密接につながっています。それをつなげている存在は腸です。
そもそも人間の腸内は健康を維持するには欠かせない存在です。腸内を正常に維持する事で免疫機能の低下を防ぎ、結果として健康を手に入れる事ができます。実際に「腸内環境さえ良ければ病気にならない」と言われているほどです。
そんな腸内環境を整えるには腸に住んでいる3つの菌のバランスが安定している事が求められます。
その3つの菌とは善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。善玉菌が2割、悪玉菌が2割、日和見菌が6割というバランスに保っている事が理想と言えます。しかし現実は難しく、実際は増殖した悪玉菌によって腸内環境が悪くなっているのが実情です。
その原因は仕事によるストレスや食生活の乱れなど現代人らしい問題です。
また加齢でも悪玉菌は増えてしまい、腸内環境が悪くなる可能性が高くなります。もともと悪玉菌は体にとって毒素です。そんな悪玉菌が腸内で多くなった場合、便秘や腹部の膨張感といった症状をはじめ、風邪を引きやすくなる免疫力の低下、さらには生活習慣病にかかるリスクが強くなります。
悪玉菌の割合を減らすには善玉菌を増やす事が建設的な方法です。
その善玉菌を増やすには乳酸菌を摂取することが効果的ですが、乳酸菌には弱点があります。それは酸に弱いというものです。そのため肝心の腸内に届く前に胃酸といった消化器官の機能によって死滅してしまい、到達するのは困難だと言われています。たとえ腸内に届くほどの量を摂取しても身体的にも経済的にも負担はかかるうえに、すぐに排出されてしまう性質を持っています。
しかし、そんな乳酸菌の弱点も性質もオリゴ糖とともに摂取すれば解決します。
玉ねぎやゴボウ、納豆などの食材に含まれている糖分ですが、実は乳酸菌の一種であるビフィズス菌を増やす効果があります。それはオリゴ糖自体がビフィズス菌の養分になるからです。ビフィズス菌はオリゴ糖がないと増殖できない欠点があるものの、増殖に成功すれば悪玉菌の割合を減少させていきます。酸に弱い点もオリゴ糖の分解されにくい性質を利用すれば無事に摂取した菌を腸内に届ける事が可能です。
この2つの成分を同時の摂取するなら、サプリをおすすめします。
食材で摂取する場合、効果が期待できる量まで摂取できるかどうか分からないからです。一方、サプリなら2つの成分が配合されているものやさらに効果的な成分を含んだものなどが開発されています。