乳酸菌、動物性と植物性の違いについて

菌活が流行する中、乳酸菌が使われている商品が多く販売されています。それを見ていると、植物性・動物性と2種類あることに気づくでしょう。乳酸菌は住んでいる場所によってこの2つに分類することができ、それぞれに違いがあるのです。

 

乳酸菌、動物性と植物性の違いについて
キムチや糠漬けといったお漬物・味噌や醤油など大豆原料の食品・日本酒などのお米原料の食品は植物性です。植物に付着して生育しています。こちらは腸に届きやすいという特徴があります。他の菌と共存することができる力があるため、胆汁や胃液の中を通っても簡単には分解されないのです。過酷な自然界には菌だけでなく熱や乾燥・栄養不足などさまざまな困難な事態が訪れます。そんな中でも行きぬく力を持っている乳酸菌たちですから、とにかく生命力が強いのです。
あらゆる植物に付着しており、酸素があれば活発に発酵します。日本には味噌や漬物などがありますが、海外にもキムチや座ワークラフトなど植物性のものを使った発酵食品はさまざまあります。菌に対する知識がない大昔からこれらの食品が生み出されてきた背景には、生命力の強さやどこにでも存在し、簡単に発行が進むという特徴があるのです。ただ単に放っておいたら発酵して生み出されたという食品も多いです。

 

一方、動物性の方は動物の腸の中に生息しており自然界にはありません。他の菌とは共存せず単独で生きています。ビフィズス菌などがその代表選手で、チーズや牛乳・ヨーグルトなどを食べることで接種することができます。
植物性と違って胃酸に弱いものがほとんどで、食べても腸に届かないうちに分解されてしまうのです。それなら食べる意味がないように思えますが、動物性は植物性のえさとしての役割を持っています。どちらも食べることで、腸内まで生きて届いた乳酸菌たちは死んでしまった菌を食べながら元気に活動をしてくれます。悪玉菌を善玉菌に変えて、腸内環境を整えてくれるのです。

 

また、動物性の方には、直接腸内を刺激してくれ、免疫力をアップさせ、整腸作用を高めてくれる、という効果もあるため、十分体内で良い働きを持っているのです。

 

動物性の乳酸菌が活動するのは腸の中です。酸素がなく、けれども栄養豊富で温かい中でいる菌たちは、酸素に触れると死んでしまうし、生命力も弱いです。素人が発酵食品に用いるのは難しいでしょうが、腸活の現在、各メーカーが研究し、すばらしい食品をさまざま開発してくれているので、うまく利用して体内に取り入れるようにしましょう。